1. ネット印刷 プリントモール ホーム
  2. テクニカルガイド
  3. データ作成の基本知識
  4. 仕上がりサイズ・塗り足しについて

テクニカルガイド

仕上がりサイズについて

JIS工業規格に基づいたサイズ

日本で主に使用されている用紙のサイズは、JIS工業規格に基づいた「A判」「B判」の2種類です。
A判は世界で使われている国際規格、B判は日本国内の規格です。

A判サイズ表

仕上がりサイズの用紙にそのまま印刷しているのではなく、大きな紙に複数枚印刷した後に『断裁』という作業を行って
仕上がりサイズに切り揃えています。

塗り足しについて

塗り足しとは

印刷工程では、印刷物を何枚も重ねて一度に断裁を行います。そのため用紙の伸縮や刃先の厚み・流れなどの影響で、断裁のズレが生じる場合がございます。
断裁機のわずかな位置ズレにより、紙端に印刷のない白場が見えてしまうのを防ぐため、
仕上がり位置の外側に3mm以上、わざとはみ出すように余分にデザインしておくことを「塗り足し」といいます。

塗り足しの幅は、「最低3mm」

当店では、塗り足しの幅を「最低3mm」としています。
塗り足しが3mm未満の場合、紙端に白場が見えてしまう可能性がありますので、ご注意ください。

塗り足し範囲

文字やデザインは、仕上がり範囲より2~3mm内側に配置してください

断裁時のわずかな位置ズレにより、印刷仕上がり範囲(仕上がり位置)付近にある文字やデザインは
切れてしまう可能性があります。文字やデザインは、仕上がり範囲より2~3mm内側に配置してください

仕上がり範囲

塗り足しのつけ方

商品仕上がりサイズに上下左右+3mmずつ塗り足しを作成してください

フチなし印刷をご希望の場合、背景の色は仕上がりサイズよりも外側に、3mm以上大きく作成してください。
全体のサイズは塗り足しを含めたサイズ(仕上がりサイズ+上下左右に3mm)でご入稿いただくことが必須となります。
※余白をつけたい場合や、白場が出ても問題ない場合、塗り足しは必要ありません。

塗り足し3mm

ソフトウェア別マニュアル

Officeソフトでのサイズ設定と塗り足しのつけ方

商品仕上がりサイズに上下左右+3mmずつ塗り足しを作成してください。

【Word サイズ変更 設定手順】

Wordサイズ変更

[レイアウト]▶[その他の用紙サイズ]▶[用紙サイズ]▶[OK]

【PowerPointサイズ変更 設定手順】

Powerpointサイズ変更

[デザイン]▶[スライドのサイズ]▶[ユーザー設定のスライドのサイズ]▶[OK]

Photoshopでのサイズ設定と塗り足しのつけ方

【Photoshop サイズ変更 設定手順】

Photoshopサイズ変更

[イメージ]▶[カンバスサイズ]▶[変更後のファイルサイズ]▶[OK]

テクニカルガイドTOPへ

カスタマーサポートセンター [受付時間] 平日 9:00~18:00

ご不明な点がございましたら、お気軽にカスタマーサポートセンターまでお問い合わせください。

  • カスタマーサポートセンター電話番号
  • お見積りフォームへ
ホームへ会員登録へお問い合わせへ
会員登録はこちら

データ作成の基本知識

  • トンボについて
  • カラー・オーバープリント
  • 仕上がりサイズ・塗り足し
  • ヘアライン・文字の潰れ
  • 特色・リッチブラック
  • 画像解像度の注意点
  • ドキュメントの効果

PDF入稿について

  • PDFとは
  • 変換前の必須チェック項目

PDF変換手順

  • Illustrator PDF変換手順
  • InDesign PDF変換手順
  • Photoshop PDF変換手順
  • Office PDF変換手順

データ入稿前の準備

  • 入稿前の最終チェック項目
  • データの圧縮方法

冊子製作時の注意事項

  • 絵柄作成時の注意事項
  • 冊子のページ数表記
  • 綴じについて

対応ソフトウェア

  • 対応ソフトウェア一覧

商品注文

  • 商品リスト

オプション・サービス

  • 加工オプション
  • 取扱用紙について
  • デザイン制作サービス
  • DMオプション
  • バリアブルサービス

お役立ちページ

  • ギミック動画案内
  • テンプレートダウンロード
  • 背幅計算ツール